グヤーシュ

グヤーシュはハンガリーの人にとって代表的な料理で、パプリカを使ったビーフシチューのようなイメージです。現在は「肉のパプリカ煮込み」を総称する単語になってきているため、必ず牛肉を使う必要はありません。作り方は通常のシチューのように材料を炒めて煮込んでいくだけです。最後に食塩やコショウで味を整えましょう。

グヤーシュにはさまざまな野菜や肉が使われているため、これだけで多くの栄養を摂取できます。ちなみに一人前あたりに含まれるタンパク質は15gほどです。人間が1回で吸収できるタンパク質は20gほどと言われているので、比較的ちょうど良い数値ですね。

Advertisement